今年の春でセブに来て9年目になる私。

いつの間にやら・・・9年も経っていた・・・

と、改めて感じさせる事が起こったので、改めて月日の流れを感じました。

 

 

それは・・・

テ

毎日の通勤のトライシクルの中で起こりました。

帰宅中、ジプ二ーを下りた後、トライシクルを捕まえた私。

乗って数メートル走ったところで・・・

ドライバーから

「アサ カ ナオッグ、 ?」

と聞かれました。

 

・・・・・・・・

 

何この違和感

なんじゃこの違和感・・・

そしてドライバーを見ると・・・

 

!!!!!!!!!

 

あ、あんた・・・・・・絶対 絶対 絶対

私より年上じゃろー!!!!!!

 

テというのは、アテ(お姉さん)の略で、「お姉さん、どこでおりるの?」と聞かれてたんです。

 

うわー・・・わたしそんなに老けたか・・・

と衝撃を受けながら、降りる時は、仕方が無い、「ここで降ります、ドン」と言って降りた私。

その反応に、気がついたのかニヤニヤしているドライバーと、それを見てニヤニヤしていた私。

完全にはたから見たら変な雰囲気の中

ドライバーが、ゴメンネ的な感じで、眉毛をクイっと上げてきたので

そのニヤニヤの沈黙に終止符が打てました。笑

 

私もいつの間にやら

若者から「テ」と呼ばれるようになりました。笑

 

BY あや
↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
テ
にほんブログ村

Pocket